おまえは”Amazonプライム”がどれだけお得なのかを覚えているのか?僕は入会しない理由がみつからない!

2016年7月6日 - Life Style

スポンサーリンク

201607-amazon-002

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

いまさら感がハンパないですがAmazonプライム入りました

日本には楽天市場、ヤフーショッピングなどの通販サイトが数多くありますが
僕は通販購入の9割はアマゾンです。

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

なんで今までプライム会員にならなかったのかと言うと単純に
僕に「お急ぎ便やお届け日時指定便」のニーズがなかったから

じゃあ、なんで今このタイミングで入会したのか?

Amazonプライム入会の3つの理由

それは3つ

  1. 全品送料無料がなくなった
  2. 送料部分は家族も恩恵が受けられる
  3. プライム・ビデオが見たくなった

プライム会員は月額にすると325円です。
月に1回でも送料(350円)が必要な買い物をするケースがあるならそれで元は取れます。

僕の場合は奥さんもアマゾンでちょこちょこ買い物をするので
家族会員に奥さんをすれば送料関連の特典が共有できます。

また、僕は最近、英語に慣れるという言い訳の無駄だろう努力として海外ドラマを見るということをしているので
DVDをレンタルする手間とレンタル料を考えると、プライムで見られるタイトル数に限りはありますが
プライムビデオだけを考えても月額325円は魅力的です。

とにかく「英語への接触時間」を増やす!海外ドラマを活用する
英語に触れる時間を増やす目的で海外ドラマ「クリミナルマインド」を見てたら

ってことでたったこれだけでも
Amazonプライムがペイしない理由がわかりません。
いまさらですがw

ではみなさん「Amazonプライムがどれだけお得なのかを覚えてますか?」

スポンサーリンク

Amazonプライムの会員特典

なんと月額325円でこれだけの特典があります。

201607-amazon-001

  • 無料の配送特典
    Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、お急ぎ便についてお届け日時指定便についてをご覧ください。
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
    Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。詳細は、特別取扱商品についてをご覧ください。

  • 家族と一緒に使い放題
    会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員は、上記のAmazonプライムの配送に関する特典を無料でご利用いただけます。詳細は、Amazonプライム家族会員を登録するをご覧ください。

  • プライム会員限定先行タイムセール
    タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。詳細は、プライム会員限定先行タイムセールについてをご覧ください。

  • Amazonパントリー
    食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けします。詳細は、Amazonパントリーで注文するをご覧ください。

  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引
    日用品ほか対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便をプライム会員ならさらにお得にご利用いただけます。おまとめ割引が適用されるには一定の条件があります。詳細は、Amazon定期おトク便のおまとめ割引についてをご覧ください。

  • プライム・ビデオ
    映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。詳細は、プライム・ビデオについてをご覧ください。

  • Prime Music
    追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。詳細は、Prime Musicについてをご覧ください。
  • プライム・フォト
    Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。詳細は、 プライム・フォトについてをご覧ください。
  • Kindleオーナーライブラリーの利用
    対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。ご利用にはKindle端末が必要です。詳細は、Kindleオーナー ライブラリーをご覧ください。

より活用するために
Fireタブレットも欲しい勢いです。


スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索


スポンサーリンク