店舗などの演出やディスプレイに関わる人、必見!!ライティングの新しい形「プロジェクションライティング」【SpacePlayer】

2014年7月3日 - 事例・参考
スポンサーリンク

spaceplayer
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

昨日、「コンテンツ東京」という東京ビックサイトで開催されている展示会に行ってきました。

 

そこで見つけた!

「理想の照明」

 

よくありがちで申し訳ありませんが、本当にこういうの待ってました!

 

簡単に言うと「照明型のプロジェクター」です!

パナソニック、マジでナイス!

 

店舗などの演出やディスプレイに関わる人は絶対必見です!

 

僕、これめちゃくちゃ売れると思います(値段はそこそこしますが)

 

それでは紹介します!

 

スポンサーリンク

 

Space Player

 
spaceplayer1
 

写真わかりにくい><

 

映像を用いて照明を行う新しいコンセプトである「プロジェクションライティング」を実現する「Space Player」は、例えば、対象物を明るく照らしながらその周辺のスペースに映像や商品説明を投影したり、イルミネーションのような動きのある照明光で、展示商品の注目度をより高めるなど、従来にない多彩な演出を可能にします。
 
また、空間になじみやすいスポットライト型のデザインに加え、配線ダクト取付方式の採用、自在に照射方向を変えられる可動構造、SDカードやWi-Fiを活用したワイヤレス再生機能などにより、店舗や施設に手軽に導入することが可能です。

 
特徴としては
 

  • お店なんかだと普通にある「配線ダクト」に取り付けられる
  • デザインも大きさも「照明」そのもの

 
明るさは1000ルーメンとのことだが、光源に「レーザーダイオード」なるものを使ってるので
もう少し明るい
 

公式サイトはこちら

 
照明と映像の融合で、空間の可能性が拡がる。Space player | LED照明 | 法人のお客様 | Panasonic

 

ですが...もう、見て!!

 

 

 

 

 

 

 

僕、もう沢山アイディアが湧いてます!

というより、これ欲しかったんであたりまえか...

 

ただ、値段がちょっと...個人だと厳しい...

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細