ミニマルミュージックの巨匠「スティーヴ・ライヒ(Steve Reich)」のPiano Phase (1967)をHTML5で可視化した映像がすばらしい!

2014年6月30日 - 事例・参考

スポンサーリンク

Piano_Phase
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

ミニマルミュージックの巨匠「スティーヴ・ライヒ

僕、大好きなんです!

 

特に【Electric Counterpoint (1987)】という曲が

 

そのライヒの曲をHTML5で可視化した映像を見つけて気に入ったので

紹介したいと思います。

 

曲は【Piano Phase (1967)】という曲です!

 

スポンサーリンク

 

Piano Phase (1967)

 

とりあえず、Wikiから参照

スティーヴ・ライヒが1967年に作曲した2台のピアノのためのミニマル・ミュージックの楽曲。ライヒがフェイズ・シフティングの技法を生身の奏者に応用した作品である。フェイズ・シフティングは彼がそれまで「イッツ・ゴナ・レイン」(1965年)や「カム・アウト」(1966年)で用いていた技法である。(wiki)

 

先ずはピアノ演奏でどうぞ

 

pianophasescore
 

 

曲を可視化した映像

piano_phase1
 
パッとみた感じですが

  • 赤と青でそれぞれのピアノパート
  • アタックが強い音が内側

 

個人的には音をビジュアル化する時に「時間軸」をどうするか

(音楽は時間芸術)

という時に「円」で表現するというところにも

 

なるほど〜って思いました!

 

Pianophase.com from Alexander Chen on Vimeo.

 

 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索


スポンサーリンク