【LTE・Xi・Wimax】モバイルWi-Fiサービスを比較!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


LG전자, 고화질 HD 스마트폰 ‘옵티머스 LTE’ 국내 첫 출하 / LGEPR

おはようございます。

来月初に引っ越しを控えているナカジです。

私は3年前からADSLや光などの固定回線を家にひかずに

Wimaxをメインのインターネットインフラとして使い倒してます。

だって、妻も働いている為「平日は家に誰もいない」し

家に固定回線をひく必要性を感じなかったからです。

しかもWimaxであれば仕事でもプライベートでも

必要な時に「持ってでられる」メリットもあり

「光回線代を払うならWimax持てるし、そっちの方がいい」となりました。

3年前に光回線+E-mobile(USB接続)の「8M」から光回線を解約してみたところから

このスタイルをはじめましたが、さすがにEMの8Mはストレスでした。

iTunesのアップデートに4時間とかでしたから。

この3年、Wimaxで快適に生活してましたが

今年からLTEサービスが開始されたことと、引っ越しのタイミングなので

「見直し」の意味を込めて現状を比較しておきます。

早速ですが、私が今「モバイルWi-Fiサービス」に求める基準は

  • 「下り(ダウンロード)」スピード
  • 「上り(アップロード)」スピード
  • 契約年数
  • 月額の費用

です。

「下り」は当然ですが、これは今のサービスであればある程度(Wimaxで十分)ぐらい最低あれば良いと思ってます。

一般的なニーズはあまりないのかも知れませんが

私にとって「上り」の速度は重要です。なぜなら

  • Webサイト制作などでアップロードを頻繁に行う
  • 光などのサブではなくモバイルWi-Fiが「メイン」

だからです。E-mobileの上りはCMSなどを設置するにはあまりに厳しいです。

後の二つは技術の進歩は早いので契約年数はできれば短い方がうれしいし

月の利用料も固定費なので出来れば安い方がうれしい。

逆に私はあまり「電波範囲」サービスエリアは今のところ気にしてません。

なぜか。

人口カバー率がよかったとしてもFOMAや3Gのエリアではどちらにしても「使えない」から

きちんと「Wimax」「LTE」のサービス圏内にいることが前提だからです。

ということで、以下の表を作成しました。

下り(ダウンロード)上り(アップロード)利用料(契約期間)
Wimax40M15M3,880円(1年)
E-mobile LTE75M42M3,880円(2年)
Xi75M25M5,985円(2年)
E-mobile 4G42M7.2M5,980円(2年)
softbank 4G76M10M4,980円(2年)

私の基準ですと

【期待できる】:E-mobile LTE

ですかね。契約期間2年がうれしくないけど「上り」が早いのはいい

Wimaxは「Wimax2」なるものを用意してるのでこちらも期待。

逆に、Softbank4Gは将来もっと早くなるようですが

データ通信料に5Gの制限があり「上り」も遅いから問題外。

ただ、結論としては今回の引っ越しタイミングでは

もうしばらくWimaxで!

ですね。


スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク