雑誌PRESIDENT(2012/4/30号)の特集で読みたいと思った書籍

2012年4月20日 - 読書で学ぶ
スポンサーリンク

おはようございます。

今日は週末。いかがお過ごしですか?

え〜少し前にはなりますが「PRESIDENT (プレジデント) 2012年 4/30号 [雑誌]」を読みました。

特集は「仕事リッチが読む本・バカを作る本ービジネスマン1000人調査の意外な結論」

特集を読み、気になる書籍をピックアップしました。

スポンサーリンク

と、こんな感じです。

タイトルの賛否両論と私がどちらに属するかは別として(笑

特集の総括としては5点

  1. 本の選び方:高年収者は「リアリティー」、年収500万以下は「ファンタジー」を好む
  2. 本の選び方:高年収者は「学術書」、年収500万以下は「自己啓発書」と「漫画」を好む
  3. ビジネス本:高年収者は「仕組みを学ぶ」、年収500万以下は「スキルを学ぶ」を好む
  4. 本の考え方:高年収者ほど、人が読まない「洋書、難解な本」に価値があると考える
  5. 本の考え方:年収500万以下の人ほど、本を隅々まで読む

アレ、私「年収500万以下」側だorz….

個人的な本の考え方は

著者によって、その人の立場(社長やアナリスト)からの視点の考え方が強い本は読む必要ないとおもう。

要は「使う立場の人間」が「コントロールしやすくする為の本」はもうあまり読みたくないなぁ

そして別の特集「鉄則本ガイド」できになり今後読みたいと感じた本
●紹介文:法学部新入生の教科書

●紹介文:日本社会は理性とは別に”空気”で動くことを論じた

●紹介文:時代を超え際立った存在であり続ける企業の成功理由
※いまさらですが読んだ事ないや

【苦手分野から3冊(新入社員向け)w】

【会計・財務】

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細