Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」

cp_blog_respo_01

お買い物 アウトドア

バックパックにシングルバーナーが重いと感じたらオススメは超コンパクトな「Esbit(エスビット) ポケットストーブ」

更新日:



ナカジ(@cp_nakajun)です。

今日はデジタルクリエイティブ系じゃなく、むしろアナログ的な話題です。

寒い季節でも楽しめるのが「アウトドア」ですが
わりとゆるいノリでミーハーな僕は夏の方が熱があがります(寒がりなので)

僕はゴリゴリのアウトドア派な訳ではなく、ライトに楽しみたいタイプで
もともとのきっかけはバーベキュー。

そこからハイキングの時に自然の中でお湯を沸かして、カップ麺を食べたりコーヒー作って飲んだりするようになった程度のライトな感じ。

なので、「手軽に火元を確保」できる道具にそそられる傾向にあります。

今の道具は

バーベキューの時は

電車で行くバーベキューの基本3点セットはコレ!特にワンタッチテントはフェスやキャンプでも使えるこのタイプを買え!



カップ麺やコーヒーの時は

「満足」とはお金の価値ではなく、気持ちの価値である!


という感じです。

ただ、ちょっと思っていたのはハイキング程度でカップ麺&コーヒーの為の荷物としてシングルバーナーは荷物的にもう少し小さく、軽くしたいとも思っていました。

そこで新たな興味をひいたのが固形燃料を使う「ポケットストーブ」です。

スポンサーリンク

Esbit(エスビット) ポケットストーブ



とにかくお気に入りなのはそのサイズ感です。

ドイツ軍でも採用されているようで、たたむと本体の中に燃料をしまえるので、ポケットでも持ち運べます。


  • サイズ:収納時10cm×7.7cm×2.3cm
  • 本体重さ:85g

これが4gの固形燃料です。



本体にセットして、火をつけます。



試しにお湯を沸かしてコーヒーを入れてみよう!







一応、参考までにですが

上記の写真の感じで確か500mlぐらいの水を沸かすのに4gの固形燃料を4個ぐらいつかいました。

お湯が沸くまでの時間もシングルバーナーより必要な感じですが

僕としてはこのコンパクトさに大満足です!!

唯一の不満があるとすれば、この固形燃料は臭い!!
なので僕はジップロック的なものに入れています。

あとこの専用の固形燃料は100均などで売ってるものにくらべて割高です(少しだけどね)
ただ、100均の固形燃料を試したら燃焼後に「ロウ」みたいなのが残るので僕は専用のものをつかうつもりです。

cp_blog_001

cp_blog_001

サイト運営者

運営者:ナカジ
PureDataやFoxDotで音楽やってます。
インタラクティブ映像の仕事してました。
メディアアート、テクノロジーアートが主軸です。
日本のメディアアーティスト大国化に貢献したい。

運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索



プログラミングで生み出す「創造表現」

cp_blog_respo_04

-お買い物, アウトドア
-

Copyright© Creative Plus , 2018 All Rights Reserved.