Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」

cp_blog_respo_01

puredata

PureDataで作られた無料のモジュラーシーケンサーは可能性がハンパない【context sequencer】

投稿日:



ナカジ(@cp_nakajun)です。

本記事を書いている現在、「ハンパない」が流行ってるのであまりタイトルに使いたくなかったんですが

PureDataだけで出来ているこの「context sequencer」というモジュラーシーケンサーの存在を表現するには「ハンパない」しか思いつかなかったので使いました。

以前、PureDataだけで作られた「Automatonism」というモジュラーシンセを紹介しました。

PureDataだけで作られたモジュラーシンセがハンパない!しかも無料で配ってる【Automatonism】



これも拡張性やら表現力やらすごい可能性があって感動しました。

今回紹介する「context sequencer」は僕の印象レベルですが「モノ」としては以前紹介したMaxMSPで作られた「ppooll」に近いように感じます。

「ppooll」はMaxMSPで作られたフリーの音楽・映像モジュラーワークステーション。有名アーティストも愛用。



どちらにしても
これだけのレベルのものをPureDataで組めたら「なんでもできるな!」という高い目標ができました。

スポンサーリンク

Context Sequencer



a modular sequencer for PD

コンテキストは、あなたが望むものは何でもできる。

単一のContextオブジェクトは非常に汎用性の高いツールです。 それは、ステップシーケンサー、データベース、論理ゲート、組み込み可能なタイムライン、生成言語インタープリタ、およびその他多くのものとして機能することができます。 したがって、コンテキストネットワークは、これらの事柄のいずれかを任意の時点で組み込むことができ、2つのネットワークが同一である必要はない。

Context Sequencer公式:contextsequencer.wordpress.com

以下の抜粋のように楽曲制作の可能性はなんでもできます。

  • ジェネラル・ミュージック :コンテキストは、決定論的、確率的、および式的に音楽イベントを定義できます。 組成物は、任意の方法で、いつでも生成要素を組み込むことができる。
  • リニア&ノンリニア音楽 :ほとんどの伝統的なシーケンサーは、リニアなパラダイム(つまり、タイムラインとステップシーケンサー)にあなたを固定しますが、ほとんどの非伝統的なシーケンサーはあなたをロックアウトします。 コンテキストはここでは両方向とアプローチを取ります。 個々のコンテキストオブジェクトは、それ自身の線形環境であり、単一の音符と同じくらい短くてもよいし、音楽全体であってもよい。
  • インタラクティブなパフォーマンス :コンテクストは即興演奏とインスタレーション作品に最適なツールです。 コンテキストネットワークの設計では、コンポジションのどの要素を自動化し、どの要素をユーザーに予約するかを決定します。 ContextはNovation Launchpadと統合されており、ライブ状況での迅速かつ強力な制御が可能です。 ネットワークは高度に分散されているため、複数のユーザーが同じネットワークで同時にプレイすることができます。

上記の抜粋とは別に僕の感じた特徴を書くと

  • PureData上で使うのでその範囲でいくらでも拡張できる
  • Context Sequencerは音楽情報だけでなくメッセージもシーケンスできる

型にハマった「音楽」ではなく、ちょっと変わった音楽表現をやりたい人にはもってこいのツールです。

そもそもContext Sequencerを使うこと自体が表現になりそうな感じです。

まぁ、簡単に言うと「使いこなすハードルは高め」です。

セットアップは簡単でしたが、そこから先は僕も全然理解してません。
(1〜2時間じゃなんともなりません)

Context Sequencerのセットアップ

セットアップ方法を書いておきます。

  1. PureData Vanilla 0.48.1(64bit版) 以上をインストール
  2. GitHubからダウンロード:https://github.com/LGoodacre/context-sequencer
  3. ダウンロードしたフォルダーを任意の場所に置く
  4. その場所をPureDataに登録する

という流れです。

4つめの「PureDataに登録する」はPureDataを起動してメニューバーから[PD--> Preferences --> Path]に登録します。

Context Sequencerの使い方

先にダウンロードしたフォルダーの中に

  • マニュアル「context_manual.pdf」(英語)
  • 「helpfiles」フォルダーにサンプルファイル

があります。

Context Sequencerの動画

Context Sequencerはこんなことができますよ!!ってことです。









Context Sequencerを使うにはPureDataの知識も必要なので

cp_blog_001

cp_blog_001

サイト運営者

運営者:ナカジ
PureDataやFoxDotで音楽やってます。
インタラクティブ映像の仕事してました。
メディアアート、テクノロジーアートが主軸です。
日本のメディアアーティスト大国化に貢献したい。

運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索



プログラミングで生み出す「創造表現」

cp_blog_respo_04

-puredata
-

Copyright© Creative Plus , 2018 All Rights Reserved.