Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」

cp_blog_respo_01

音楽機材 max センサー・ツール

「ppooll」はMaxMSPで作られたフリーの音楽・映像モジュラーワークステーション。有名アーティストも愛用。

投稿日:



ナカジ(@cp_nakajun)です。

「ppooll」は「プール」と読めばいいみたいです。

このソフトの歴史は古く、1998年に「lloopp(ループ)」と言う名前のサンプルベースのループマシンとして誕生しました。

2015年 5・6月のサンレコ「私の手放せない一品
でJEMAPURがこの「Ppooll」を紹介していたことを思い出したこともあって、今回紹介することにしました。

スポンサーリンク

「Ppooll」



まずPpoollの公式サイトです。

http://ppooll.klingt.org/

ppooll is a software written in MaxMSP designed for sound design, live-improvising, video manipulation, interactive installations, and a variety of other purposes.

ppoollは、サウンドデザイン、ライブ即興、ビデオ操作、インタラクティブなインストール、およびその他のさまざまな目的のために設計されたMaxMSPで書かれたソフトウェアです。

MaxMSPで作られているので、動作環境はMaxが動く環境です。

  • MacOS
  • Windows

です。

Ppoollは公式サイトのマニュアルページで確認するだけでも100以上のモジュールがあります。

こんな感じのモジュール↓↓


それらを必要に応じて組み合わせながら使っていきます。

なので、使いこなすにはおそらくそれなりの時間がかかるでしょう。

それでもこの手のソフトにしては
マニュアルページ(英語ですが)やヘルプは充実していると思いますし




自分でMaxパッチを組み上げるよりはるかに早く結果を得られると思います。

僕もとりあえずセットアップして、サイン波モジュールを2つロードして遊んでみました。

Ppoollのセットアップ

Maxが必要なのでCycling'74からMax7をダウンロードしてインストールします。

https://cycling74.com/downloads

Ppoollのダウンロードページから入手します。

http://ppooll.klingt.org/index.php/downloads

ダウンロードして解答したら、「ppooll」フォルダーを

/User/Documents/Max 7/Library/

にコピーすれば完了です。

「ppooll_host.maxpat」をクリックすれば起動します。



cp_blog_001

cp_blog_001

サイト運営者

運営者:ナカジ
PureDataやFoxDotで音楽やってます。
インタラクティブ映像の仕事してました。
メディアアート、テクノロジーアートが主軸です。
日本のメディアアーティスト大国化に貢献したい。

運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索



プログラミングで生み出す「創造表現」

cp_blog_respo_04

-音楽機材, max, センサー・ツール
-, ,

Copyright© Creative Plus , 2018 All Rights Reserved.