MacBook Proが拡張ポートを減らしている訳はコレか!?今さらだけどAir Dropが便利すぎる

2016年11月14日 - Life Style

スポンサーリンク

201611-airdrop-007

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

FireWireやらThunderboltやらAppleが拡張ポート端子をコロコロ変えるのは今に始まったことではありませんが

今回の新しいMac Book ProはThunderbolt 3(USB-C)ポートしかなくなりました。

そもそもAppleはスマートに、シンプルにするために
極力「ケーブル」ってものが無いようにしたいんだろうね

そのあたりの考え方は好き。

なにかするときにいちいちケーブルで繋いだりしたくない…

なぜか今まであまり使ったことがなかった「Air Drop」ですが

嫁がiPadユーザーになったことでその便利さを再実感したので
その方法を書いておきたくなった。

スポンサーリンク

Airdropの使い方

MacとiPhoneでファイルをやりとりする方法

  1. iCloudにサインインする
  2. Wi-FiとBluetoothをオンにする
  3. AirDropの共有範囲を設定する
  4. 送信したいデータを選択する
  5. 相手を選んでデータを送信する
  6. 相手が受け入れれば送信完了

基本的な流れはこんな感じ。

201611-airdrop-001

AirDropの共有範囲を設定する

201611-airdrop-002

iPhoneに送るファイルを右クリックする

201611-airdrop-005

か、Airdropフォルダーを開いて、ファイルをドラック&ドロップ

201611-airdrop-006

iPhoneに通知がいき

201611-airdrop-003

無事にファイルがiPhoneに転送されました。

201611-airdrop-004

いや〜これはAppleでそろえた恩恵だわ!!

Windowsでもこう言ったやり方できると思うけど

別途アプリを入れるとか、設定するとかのことを考えると

Appleでそろえてると便利

とくに嫁とのファイルのやりとりとか

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

▶︎運営者プロフィール&当サイトの詳細

follow us in feedly

スポンサーリンク

記事を検索