公式フレーバーになったUbuntu MATE 15.04 は 軽量Ubuntuの決定版と思えるほどだ!!

2015年8月13日 - Linux
スポンサーリンク

ubuntu-mate-20150808-001

 

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

 

Ubuntuは標準デスクトップ環境に「Unity」というものを採用している。

 

Ubuntuの情報を調べていてデスクトップのスクリーンショットなどをみると

「Unity」はリッチな感じでカッコイイ!

 

ただし僕の去年のイメージだが、この「Unity」のおかげか

Ubuntuは非力なマシンにはとても動作が酷だった。

 

そして僕はたとえ最新マシンが手元にあったとしても

必要以上のリソースをOSで消費したくない

 

テンションが上がる作業画面は必要だが

OSでリソースを使いまくるのではWindowなどと変わらない。

 

なので、今までUbuntuを避け最近Kona Linux に出会うまでは

LubuntuというUbuntuの派生を使っていた。

 

ところが最近になって「MATE」というデスクトップ環境のUbuntuが

公式フレーバーとなったと知った。

 

スポンサーリンク

 

Ubuntu MATE 15.04

 

調べてみると「MATE」は軽量デスクトップ環境の側に分類されそうだ。

 

俄然、興味が湧いたので公式サイトからイメージをダウンロードし

まずは仮想環境(VMware)で試してみた。

 

するとどうだい!

 

ちなみに仮想環境は

  • CPU:2コア
  • メモリー:2G

 

という感じで作ってみたのだが、なかなか快適。

 

しかもカッコイイ!!

 

ubuntu-mate-20150808-002

 

MATE Tweakで簡単にデスクトップ環境の雰囲気を変えられる!

 

トップの画像の「Mac風」であったり

 

下記のような「Windows風」であったり

 

ubuntu-mate-20150808-003

 

VM上でのファーストインプレッションだが

 

Ubuntu MATE はかなり好感触!!

 

PC1台買ってもいいかなと思ったり...

 

公式フレーバーになったってことはUEFIの問題もクリアするのかなぁ

 

あと、僕としてはPure Data!!

 

これが動くこと

スポンサーリンク

サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細