楽譜が読めるようになるかも!?ギターの練習にも使えるGuitarProの小技

2014年11月19日 - 音楽関連

スポンサーリンク

GuitarPro_009

 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

先日紹介した楽譜作成ソフト「GuitarPro」を本来の使い方である

楽譜作成だけに使ってはもったいない!

 

ちょっと違った用途でも価値があるなぁ〜と感じたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

楽譜を読む練習に

 

僕がもともとGuitarProを使い始めた理由は「ウクレレを弾く練習曲」を譜面にまとめること

と、そうすることで「楽譜を読む練習」になると考えたからです。

 

基本的には「写譜」。

楽譜を写すことで学ぶこと、でした。

 

そうしていたところ

 

自分が何となく弾いてフレーズ等をGuitarProに入力することでより

自分が何の音を弾いているそれは楽譜でどのように表現されるのか

ということがより理解できることに気がつきました。

 

これは一石二鳥!!

 

そんな方法です。

 

 

先ずは「自分が何の音を弾いているか」

これはTAB譜にフレットポジションを入力するとわかります。

 

guitarpro_tip_001

 

次、ですが

例えば、下記のように弾いていたとします

 

guitarpro_tip_002

 

2小節目のコードは何でしょう?

 

先ず、コードを選択し

左のツールバーにある「C7」というボタンをクリック

開いてきた窓の「+」を押すと

 

guitarpro_tip_003

 

コードネーム。

候補になるコード名が出てきます。

 

guitarpro_tip_004

 

便利ですね〜

 

ちょっとした程度のTipsですが

 

こんな活用の仕方もどうでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索


スポンサーリンク