ブラック企業から抜け出す為の処方箋「しないことリスト」

2014年3月10日 - 読書で学ぶ 読書メモ
スポンサーリンク

 

おはようございます(^_^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

僕は思い返してみれば「ブラック企業」とされる企業に勤務していた経験があります。

 

今、考えてみると。
 
ブラック企業で働いていた頃の自分って、未熟というか弱いというか...
 
だからそういった企業に上手くやられてしまっていたんじゃないかと思うんですよね。

 

その為の処方箋「やらないことリスト」
 
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」by 中島孝志
 
を活用しましょう!!

 

スポンサーリンク

 

ブラック企業の見分け方

今、そういう状況の人に必要なのは
 
まず客観的に自分がブラック企業に勤めていると気がつく事
 
そして、そこから抜けることです。

  • ブラック企業から抜け出す為の処方箋「しないことリスト」
  • 他人の夢の奴隷にならない
  • 使命感を強要する経営者にろくな人間はいません
  • 他人の夢につきあう必要はありません。そんな時間があるなら自分の夢を描き、それに向かって一路邁進。このほうがわくわくどきどきできるはずです。生きている、働いている、そう実感できる日々をおくりましょう

 

その為には「ブラック企業」だと判断するポイントを知る必要があります。
 
そして「やらないことリスト」を活用してブラック企業からどんどん距離を離していきましょう!

 

勉強不足=情報不足にあります。仕事というのは力任せでできるものなどたかがしれているのです
 
もっと重要なことは脳みそに汗をかくことです。つまり、勉強と情報武装こそがいちばん大切なのです
 
経験不足は弱点です。しかし弱点だからといって卑下したり、改善しようとしないほうがいいのです。弱点は個性の一つだと思って放っておきます。そして、強みとか持ち味、特長をどんどん磨いたほうがいいのです。弱点など、どんなにがんばってもせいぜい人並みになれたら御の字でしょう。強みを磨けば社内一、業界ナンバーワンにだってなれます。そして、そのくらいでなければ「売り」にはならないのです

 

「やらないことリスト」を活用しましょう!
 

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細