【PureData】音楽のテンポを制御するパッチに tempo.pd

投稿日:2014-02-21

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

puredataで制作をするにあたって、色々な「処理」をするモジュール(アルゴリズム)を作ることになります。

そういうものは自分でも使いまわします。

ここで共有することでアーカイブしておくことになり

皆様のお役に立てるのでは!!

ということと、自分にとっても忘備録となればと思って始めてみます

最初は簡単なものからいきます

音楽に必要な「テンポ」です

スポンサーリンク

tempo.pd

[metro]は指定のミリ秒間隔で[bang]を出力します。

ということは、目的のテンポの一拍が何ミリ秒なのかを計算する必要があります。

テンポはBPM(beat per minute)
一分間に何拍か?です

1分=60秒=60000ミリ秒

なので

60000 ÷ 目的のテンポ

です。

これぐらいのレベルは
先日紹介した本とも被っちゃいますね。

パッチは以下でダウンロードできます。

GitHub:tempo.pd

スポンサーリンク


PureDataの貴重な書籍



おすすめのクリエイティブ・コーディング関連カテゴリー

クリエイティブコーディング系 講座


ウェブツール

機能はシンプルなものですが、p5.jsやTone.jsで描画したり音が出たりするので遊んでみてください。
・【Midi Number Tools】:MIDIナンバーから音名と周波数を判定します
・【Delay Time Calculator】:テンポに応じた音符の長さを判定します


筆者プライベートで本気の愛用品

Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」