Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」

cp_blog_respo_01

puredata

【PureData】音楽のテンポを制御するパッチに tempo.pd

更新日:

おはようございます^ - ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

puredataで制作をするにあたって、色々な「処理」をするモジュール(アルゴリズム)を作ることになります。

そういうものは自分でも使いまわします。

ここで共有することでアーカイブしておくことになり

皆様のお役に立てるのでは!!

ということと、自分にとっても忘備録となればと思って始めてみます

最初は簡単なものからいきます

音楽に必要な「テンポ」です

スポンサーリンク

tempo.pd

[metro]は指定のミリ秒間隔で[bang]を出力します。

ということは、目的のテンポの一拍が何ミリ秒なのかを計算する必要があります。

テンポはBPM(beat per minute)
一分間に何拍か?です

1分=60秒=60000ミリ秒

なので

60000 ÷ 目的のテンポ

です。

これぐらいのレベルは
先日紹介した本とも被っちゃいますね。

パッチは以下でダウンロードできます。

GitHub:tempo.pd

cp_blog_001

cp_blog_001

サイト運営者

運営者:ナカジ
PureDataやFoxDotで音楽やってます。
インタラクティブ映像の仕事してました。
メディアアート、テクノロジーアートが主軸です。
日本のメディアアーティスト大国化に貢献したい。

運営者プロフィール&当サイトの詳細

記事を検索



プログラミングで生み出す「創造表現」

cp_blog_respo_04

-puredata
-

Copyright© Creative Plus , 2018 All Rights Reserved.