僕が持ち歩くBluetoothキーボードを折りたたみタイプに「しない」3つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おはようございます。(^-^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

セミナーやミーティングのメモを取る時やブログを書いたりする時に

iPhoneを活用してます!

その目的の為に僕はこれまで「3つ」Bluetoothキーボードを購入しました。

最初の1つは下記のような「折りたたみタイプ」

買わなきゃソン!4,480円で折りたたみBluetoothキーボードをゲットした(400-SKB031)

引用元:買わなきゃソン!4,480円で折りたたみBluetoothキーボードをゲットした(400-SKB031) | creative plus

残りの2つは「折りたたみではないタイプ」を選択しました。

iPhone用「Mac純正に似た」Bluetoothキーボードを格安でゲット!iPad、Macでも使える

引用元:iPhone用「Mac純正に似た」Bluetoothキーボードを格安でゲット!iPad、Macでも使える | creative plus

【2台目】iPhone用に今度は超薄型のBluetooth keyboardをまた買った!Perixx PERIBOARD-804i

引用元:【2台目】iPhone用に今度は超薄型のBluetooth keyboardをまた買った!Perixx PERIBOARD-804i | creative plus

僕が折りたたみタイプに「しない」3つの理由を紹介したいと思います!

1.膝の上に置いて入力できるから

もう、理由のほとんどがコレです!

電車などに長時間乗る際に「座れた」とします。

その場合はキーボードを使って入力した方が断然早いです。

その時に「折りたたみタイプ」だと「折れる」んですよ(><)

入力しにくくて仕方ない!

キーボード使う意味がない程に

だったら「iPhoneで直接入力した方が快適だ!」となった訳です。

2.キーボードの打ちやすさ

以前購入した折りたたみのキーボードは「キー」がラバー製でした。

先ず、これが僕にはタイプしずらくて仕方がない。

これが例えプラスチック製でも「耐久性」に不安が残ります。
(つくりがショボイように感じます)

また、コンパクトにする為の「キーの配置」もやっかいでした。

3.必要以上に小さくなくていい

折り畳んだ時の大きさって「A6よりちょっと小さい」ぐらい

そこまでの小ささが必要か??

というのと、小さいにしては中途半端なサイズ

持ち歩くには小型でも「カバン」が必要です。

仕事用のブリーフケース(僕の場合リュック)に入れるのには必要以上のサイズ。

つい最近購入したキーボードは面積は大きいですが、超薄型なのでカバンに入れても邪魔な感じは全くありません。

まとめ

ということで、僕は

  • タイプ時の安定感
  • タイプの快適さ
  • 持ち運び時の大きさバランス

の3つの点で折りたたみタイプは選択しません

appleのキーボードサイズが様々な用途においてベストだと判断します。

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク