高温・炎天下の日の山登りをナメちゃぁ〜いけない!!軽登山のつもりが...

2013年8月13日 - 行ってきました

スポンサーリンク

こんばんわ(^-^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

先週の週末に箱根にある「明神ヶ岳」に行ってきました!

 

大きな地図で見る
 

ルートは

登りは小田原駅から大雄山線に乗り、大雄山駅からバスで「最乗寺」の登山口からのルート。

下りは「強羅」の方へ降りるルートで

 

参考にした本によれば

 

 
登り2時間半、下り2時間ぐらい。

そこまでハードではないコースとのことでした。

 

確かに仕事で何回か大雄山駅に行ったのですが、結構な高齢の登山者もよく見かけていたので

わりと「気軽」に登れるものとタカをくくってました...が...

 

その日の気温は東京で「最高:38度、最低:30度」

 
large

 

箱根の方、しかも「山」なのでもう少し低いかとは思いますが

どちらにしても「高温

コレがキツかった!!

スポンサーリンク

 

結果、登るのにどれぐらいかかったか

 

結果は「登り:4時間半、下り:4時間」で予定の倍かかりました。

 

途中、暑さで「きついな〜」と思ってましたが

妻の母が熱中症になりかかり、休憩を多めにとりながらでしたが

 

それでも、正直この気温は危険を感じるレベルでした!!

 

頂上は爽快

 

それでも確かに頂上についた時は爽快です!!

IMG_0652 IMG_0653 IMG_0654 IMG_0657 IMG_0659 IMG_0662 IMG_0663

 

 

まとめ

 

いくら軽登山的なコースだったとしても「ナメちゃいけない」と痛感しました。

 

今回は特に「気温」!!

 

一度、山に入ってしまうと「助けを求める」ことも大変です。

 

山を楽しむには「体調」「装備」「天候」など準備しすぎなことはないと実感しました!!

 

 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

▶︎運営者プロフィール&当サイトの詳細

follow us in feedly

スポンサーリンク

記事を検索