「緊張する人」は学校の先生の言うことを聞かなかった人。世界最年少プロギタリスト【宮澤佑門】に学ぶ

2013年5月16日 - 音楽関連 心・精神
スポンサーリンク

yuto_miyazawa
 

おはようございます(^-^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

僕はかなりの「緊張しやすい」人間です。

「自分を良く見せたい」意識が強すぎるんでしょうね><

 

宮澤佑門」という2000年生まれのプロギタリストがいます。

世界最年少プロギタリストとしてギネスブックに登録されてます。

 

その彼は2010年に

5月2日にロサンゼルスのドジャースタジアムにて試合前に米国国歌を演奏!

してます。

僕だったら、緊張しすぎて大変なことになってたと...

スポンサーリンク

その際の映像はこちら

 

 

そして彼曰く

「緊張はなかったです。ドキドキよりワクワク感が強い。最高の機会を楽しんでいました」

だそうだ。うらやましい。

 

そしてこれは「学校の先生に学んだ」ことのようで

「普段どおり、自分の力を出しきればいい。学校の先生が運動会などでよく口にする言葉ですが、そう意識して臨んでいます」

そうだ。

そんなこと言われてた気がする><

 

「気持ちを切り替えて、そういった発表の場を好きになる。好きになって楽しめば、緊張は自然に消えると思います」

 

わかってるつもりだけど...

と、つい思っちゃいますねぇ

 

彼の演奏を楽しむ!!

 

 

 

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細