最終的には「自分専用」クラウドストレージが必要!その決定版「Pogoplug」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


おはようございます。

営業専門職ではないものの外に出ることが多いナカジです。

会社員ですがMacbook Proを持って(重い><)ノマド的に仕事をしたりすることもあります。

MBPを外に持って出ていて最も気になることはやはり

ハードディスクが壊れて「データ」がなくなること

最終的には自分専用のクラウドストレージが必要だと考えるようになりました。

ネットワークハードディスクの商品も多数販売されてますが、その決定版「Pogoplug」を紹介します。

私の中で最もクラッシュが怖いのは「進行中の案件データ」です。

ドキュメント系のデータなどは「Sugersync」を利用しているので「常に」クラウドにも保存されてます。

しかし、私の場合は画像や映像データも扱ってるので、

それ系(sugersyncでは容量不足)の案件は基本MBPのハードディスクだけで作業してます。

定期的に会社のファイルサーバーにバックアップをしていますが手動で行っている為、その頻度は不定期です。

やはり、自動でバックアップできている方が安心です。

また、容量の大きなクラウドストレージであれば

MBPのハードディスク容量を超えた場合に移動した過去の案件のデータなども取り出せれば便利です。

実はこれまでも「SugerSync」や「DropBox」「GoogleDrive」などを有料版へアップグレードし容量を増やす事でそのような使い方をしようと考えていたのですが

GoogleDriveは先日書いた記事のような理由で一時保留。

そんな時にこんな記事を見つけました。

そこで紹介されていたのが、ソフトバンクセレクションが2012年2月に発売した「Pogoplug Mobile」。

この商品は

LANケーブルでルーターなどに接続し、SDカードをスロットに挿入するか、USB端子にUSBメモリーやHDDなどを接続することでクラウドストレージとして使える。

簡単に言うと

手持ちのHDDやUSBメモリー、SDカードをクラウドストレージにできる

ものです。

なにがすごいか

  1. スマホ・タブレットからアクセスできる
  2. 容量は無限(つなぐHDDの容量次第)
  3. パソコン内のデータをバックアップすることも可能(ローカルHDのように使える)

特に②は容量のメリットだけでなくRAID(2台のHDDに同じデータを書き込む「RAID 1」を利用すれば耐障害性をアップできる)設定ができるHDをつなげばよりデータ保存の安心感も増すことになる。

価格面も「Pogoplug Mobile」がソフトバンクセレクションで7,980円。

容量はつなぐHDD次第なので必要に応じて選択する事ができる。

sugersyncやDropBoxなどのサービスは手軽で簡単なので比較的容量の少ないものを

大容量系のファイルは「Pogoplug」がいいのではないか。

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク