【EDC】アウトドアや災害時、火種の確保にフリント ファイヤースターターがおすすめ

投稿日:2019-12-07



ナカジ(@cp_nakajun)です。

僕はカラビナに鍵と一緒に便利なツールを複数ぶら下げて毎日持ち歩いています。

もはや「カラビナにぶら下げる便利ツール」は趣味です。

でもこの趣味の良いところは「日常」も「災害時」にも役に立ちます。

そんなカラビナツールに新しい仲間が加わりました!

フリント ファイヤースターター

です。



基本的なカラビナ装備は以下の記事をご覧いただけたらと思います。

【EDC】カラビナで毎日持ち歩く便利で重要なツールをアップデート![2017年1月版]


スポンサーリンク

なぜフリント ファイヤースターターを選んだか



今まで、もしもの時の火種としてアマゾンで見つけた穴の開いたファイアースターターをパラシュートコードで編み込んだ自作のアイテムにして携帯してました。

【防災アクセサリー】もしもの時に使う「ロープ」と「ファイアースターター」を自作アクセサリーにして携帯する!ランヤード・ストラップ・キーホルダー



(ちなみに飛行機にも持ち込めました)

自作なこともあって気に入ってました。

実際この2年毎日持っていました。ですが問題もありました

実はこれをカラビナで腰にぶら下げてあるくと揺れて手に当たることがあります

その時にこのファイヤースターターが痛い!

ハンマーのような感じに当たるんです。

もう1つ

実際に火を起こすことになった時の使い勝手として

  • 小さいので削る時に固定する工夫
  • 削る道具を携帯するか、その時にあるもので工夫するか

など、いずれにしても実際使うとなったら一工夫必要だとは思ってました。

そしたら、この「オイル部分のないライター」しかもカラビナに掛けられるコレに出会ったというわけです。

使い心地は、まぁ普通にジッポライターを使うのとかわりません。

現在のカラビナツール

というわけで、現在カラビナにぶら下げてるツールはこんな感じになります。



パラシュートコードも新調してファイヤースターター無しで編みました。



スポンサーリンク




おすすめのクリエイティブ・コーディング関連カテゴリー


筆者プライベートで本気の愛用品