【https化・高速化・安価】ブログをWordPressで運営するならベストなサーバー「wpX」にのりかえた!

2017年3月20日 - Wordpress
スポンサーリンク



おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

気づいて頂いてるかもしれませんが
このブログを「https」に対応しました!



すでに2014年のことですがGoogleが検索順位の指標に「HTTPS(暗号化通信)かどうか」を使用するという発表があり多くのメディア、メジャーなブログなどがhttps対応していきました。

僕も必要性は十分感じていたものの

  • コスト的
  • 技術的

にハードルが高く感じていたので今まで放置していました。

特に「コスト面」でだいぶ負担が大きくなると思っていましたが

ついには楽天市場やYahoo!ショッピングまでhttps化に動き始めたので
僕もそろそろ本格的に探さなきゃ!!

と、探してみたところ「wpXクラウド」というベストなチョイスにたどり着きました!

当初は「https化」が目的だったのですが、結果的にはサーバーも高速になりました。
しかも、かなりの「安価」で

スポンサーリンク

WordPressならwpXサーバー



最初は観念して普通に高額なSSLを契約するつもりでした。

ですが、探しているとエックスサーバーという評判のよいサーバーで

全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能に!「独自SSL」機能の強化のお知らせ

というリリースを発見!

レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

おっ!これは!

サーバーの固定費がちょっとあがるけどいいか!
とは一瞬、思ったものの、試しにもう少し調べてみました。

すると、エックスサーバー社が運営しているWordPress専用のサービス「wpX」なるものを発見!

値段も500円からというリーズナブルさ、しかもこちらもSSL付き



このブログの規模が大きくなっても規模にあわせてスケールさせれば良いだけなので安心のコスト感。

早速、「無料お試し14日間」に申し込んでブログの移行を進めます。

ちなみに僕はこれまでに2回ブログのサーバー移転をやってますが、けっこう手間もかかるし、不具合出るしで面倒な印象でした。

今回の目的が「ブログのhttps化」なこともあって、最初はその為にサーバー移転することに抵抗があったのですがさすがWordPress専用です。

きちんと、移転のマニュアルがあってしかも簡単そうです。

wpXへの移転マニュアル

実際、その通り作業するだけで移転は完了しました。

しかも「https化」もボタン1つ
さらにwordpress側の基本的な設定もwpXの管理画面からボタン1つか2つで終わります!!

というわけで僕のブログの「https化」は無事、高速サーバーの移転と共に終わりました!

wpXおすすめです!




次は表示速度の高速化チューニングに挑みたいと思います。

たしかに、ほぼ空のWordPressブログならwpXにするだけで高速になりますが
僕のブログぐらいの規模でも表示速度をあげるにはチューニングは必要そうです。

ただし、いろんな計測ツールで測ったところ「サーバーレスポンス」は劇的に改善されましたよ!

スポンサーリンク

サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細