よぉ〜く考えよぉお金は大事だよ!ナニワ金融道の作者 青木雄二に学ぶ「お金」に関連する書籍

2016年7月28日 - 読書で学ぶ
スポンサーリンク

201607-naniwa

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

マンガから得られる知識は膨大にあると思ってます。

マンガなので「楽しみながら」ってのがポイントです。

その「楽しみながら」っていうスタンスと「マンガだという偏見」から
内容が薄いという批判をする人もいるでしょう。

そんなんだったら本の一冊でも読め!!とか

でもね。
僕からしたら小難しい本を中途半端に読む、ないし
読まないより

マンガで得られる知識を最大限吸収するほうが遥かに有意義だと思います。

そこで「お金」「法律」関連のマンガと言えば
ナニワ金融道でしょう。

僕も読みました。
が、さすがにこのジャンルは特に奥が深く難しい。

ですが、それらを補うような本がありました。

ナニワ金融道の作者 青木雄二さんの「お金」に関連する書籍4冊をご紹介します

僕、全部買いましたw

スポンサーリンク

ナニワ金融道 カネと非情の法律講座

カネに笑うか、カネに泣くか六法全書では絶対に分からない青木雄二流・法律講座
カネに笑うか、カネに泣くか。個人破産者4万人時代を生き残る、噂のスーパー講座。金融業者のほうも生き残りに懸命。法律を知り尽くし、心を鬼にして回収にまわる業者だけが最後に勝つ。

ナニワ金融道 なんでもゼニ儲けや!

『ナニワ金融道』の青木雄二がいかにゼニを稼いで生き抜くかを教えます!
株価は下がり、リストラが社会問題となり、失業率は戦後最悪の水準が続く。いまの日本では、金持ちはいっそう金持ちに、貧乏人はいっそう貧乏人になっていく。それではわれわれはどうすればいいのか。この本を読めば、ゼニ儲けはそんなに難しいものではないことがわかる。名立たる大企業が倒産し、大銀行でさえヘタを打つ時代に一人勝ちするゼニのプロ「金融屋」の生きた知恵に学び、いかにうまくゼニを稼いで生き抜くかを知る。

ナニワ金融道 スーパー不況を乗りきるゼニの実学

ゼニ儲けできる人間の本質とはなにか?時代を超えて、さらに説得力を増す「青木流」新経済学
手形、小切手、連帯保証に根保証、そして株…ゼニ儲けできる人間の資質とは何か?時代を超えてさらに説得力を増す「青木流」新経済学。

ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学

マルクス経済学を知れば、資本主義の本質がわかる。ゼニの本質をあばく、これぞ『ナニワ金融道』の原点だ!
現在の資本主義は金持ちが太り続けるだけで、庶民の暮らしはどんどん追い込まれていく。生きていく上で大事な「ゼニ」。この本質を理解する為にはマルクス経済学がうってつけなのだ。本質を知り資本主義の上で寝そべる資産家を「ぎゃふん」と言わせようじゃないか。

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細