もうバスケットボールもデータ分析が当たり前の時代になっていた!のでいくつかピックアップしてみます

2016年1月26日 - バスケットボール
スポンサーリンク

20160126-Basketball-ana-01

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

バレーボールの日本代表監督が試合中にiPadを活用していることが話題となったのは
もう数年前のことです。

前回のサッカーワールドカップでもドイツ代表が
「スポーツ・ワン」という分析システムを活用して
見事、優勝を飾ったのは2014年大会です。

そこで、バスケットボールはどうなんだろう?
と、検索してみると

なんと、すでにあるんですね〜

今日はサクッと見つかった分析ツールを2つほど紹介します。

スポンサーリンク

バスケパッド2(バスケプラス)

20160126-Basketball-ana-02

iOSで動く、バスケ分析ツールアプリ。

なんと、これ結構すごいっぽくて
2014年11月4日の記事によると

全国の高校でバスケットボール部があるのは、約4000校。そのうちバスケプラスを導入しているのは、約600校。

もすでに利用されてるアプリのようだ。
すでに、1000校ぐらい使われてるのかもね〜

僕の時代では考えられないよ。

めっちゃ興味あります。

アプリの詳細は公式サイトをみてください。

BasketPlus

無料
(2016.01.25時点)
posted with ポチレバ

データフープ(データスタジアム)

hoop_img_01

データスタジアム社の分析ツールで見た目はこちらの方が専門的でより詳細なデータ分析ができそう。

データスタジアム社の名前は野球で聞いたことがありますね。

詳細はこちらの公式サイトから

もう少し探すともっと色々ありそうですし、それぞれのツールを深堀してもっとどんなことができるのか
どういうところに特徴があるのかなど、引き続き興味は深々ですが
とりあえず今日は紹介までにします。

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細