効果指標関連のWEBマーケティング用語。まずは用語を覚えよう!【WEB担当 一年生講座】

2016年1月25日 - WEB担当 一年生講座
スポンサーリンク

20160125-cv_02

【WEB担当の先輩から初めて担当になった君に伝えること】

今日の講座は
「WEBマーケティング効果指標関連」の用語についてです。

今日は効果指標関連ということで
特に「広告をつかって」の施策を行うにあたって超需要な用語です。

代理店などに委託する場合においても
これぐらいの用語を知らないと打ち合わせもできません!

せっかく費用をかけるのだから
サクッと覚えちゃいましょう!!

スポンサーリンク

【WEB担当 一年生講座】と題して本記事は主にWEBを軸とした
「広告」と「マーケティング」関連の知識・概要把握
を可能な限り早く・シンプルに習得するためのコンテンツです。

自己学習の必要はあれど、その前段の基礎がないと「はじめの一歩」が踏み出せません。
とにかく、可能な限り早く業務に携われるようになるための「基礎」を勉強の前に勉強する必要があります。

※対象

  • 初めてWEB関連業務に携わる人(新卒、中途入社の方)
  • WEB業界未経験者の教育担当者
  • WEBをざっくり理解しておきたいマネージメント層

WEBマーケティング効果指標関連

インプレッション(Impression)

広告やWEBサイトの表示回数。

コンバージョン(CV:Conversion)

英語訳は「転換」。
WEBマーケティングで言うと、「施策」に対する「転換」ということで「成果」を指す。

WEBサイトの成果は目的によって異なる。

【成果の例】

  • BtoBサイト:資料請求
  • 通販サイト:購入
  • 求人サイト:エントリー

など

CVR(Conversion Rate)

コンバージョンレート。転換率

WEBサイトに訪れたユーザーがどのくらいコンバージョンしているかという割合。

算出方法は
コンバージョン数÷Webページ流入数

広告の場合は広告のクリック数で割ります。
(コンバージョン数÷広告のクリック数)

リーチ

どれくらいの生活者・消費者にアプローチすることができるのかの指標。
リアルの広告などでも使われる。

WEBではUU(ユニークユーザー数)

CPC(Cost Per Click)

1クリックあたりの広告コスト。
クリック課金型の広告(リスティング広告など)で使用される指標。
(CPC = コスト÷クリック数)

CTR(Click Through Rate)

クリック率。広告が表示された際のクリックされる割合。
(CTR = クリック数÷インプレッション数)

CVR(Conversion Rate)

サイトに訪れたユーザーがどのくらいコンバージョンしているかという割合。
(CVR = コンバージョン数÷Webページ流入数)

主に広告の効果指標として使われる。
(CVR = コンバージョン数÷広告のクリック数)

CPA(Cost Per Action)

1件のコンバージョン(成果)を獲得するのにかかった広告コスト(成果単価)。

WEB広告では最も重要な指標
1件の成果で得られる「利益」よりCPAが下回ってる必要がある。

LTV(Life Time Value)

顧客が一定期間内にその企業の商品やサービスを購入した金額の合計。

成長期の市場では、新規顧客の獲得で利益を拡大するための施策が重視されるが
成熟期の市場や競争過多の市場においては、新規顧客を獲得スピードが落ちたり、1回の購入だけでは利益が取れない市場の場合に
リピーターを増やす(=顧客1人1人の売上合計を増やす)ことが必要な場合など
で特に必要な指標。

WEBマーケティング関連

LP(Landing Page)

ランディングページ。
サイトにユーザーが訪れた時に最初に表示したページ(入口ページ)。

もっと勉強したい人へオススメの本

今日の内容をもっと知りたい方へのオススメの本を掲載します。

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細