【アーティストインタービューコレクション】インタラクティブ映像プログラミング環境「vvvv」アーティスト中田拓馬 その1

2015年9月7日 - vvvv 事例・参考
スポンサーリンク

20150907_vvvv_artist

 

おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

ほとんど自分の為ですが

「アーティストインタービューコレクション」と題して

インタビュー記事をコレクションしていこうと思います。

 

なぜって??

 

みなさんも音楽雑誌でアーティストのインタビュー読むの好きでしょ?

んで、そこから色々学ぶことも多いでしょう?

 

僕はギターエフェクターの知識はLUNA SEAのSUGIZOのインタビュー記事で学びました。

 

でも楽器の雑誌は多いけど、メディアアート系のアーティストのインタビューが読める雑誌ってあるのかね?

なので、コレクションしようかと

僕の興味の赴くままに

 

もちろん転載はダメなので、リンクです。

 

今回はヴィジュアルプログラミング環境「vvvv」を使うアーティスト

スポンサーリンク

 

「vvvv」アーティスト中田拓馬

 

中田拓馬 | TAKUMA NAKATA
インタラクションデザイナー、映像演出家、VJなどの肩書きをもち、リアルタイム映像生成ソフト「vvvv」を使いこなす国内ではまだ数少ないアーティスト。ダンサーや観客の動きに合わせて、その場で生成する映像演出を得意とする。オランダ留学中に応募したVJの世界大会で2位に選ばれ、欧州各地のクラブでVJを披露。また、オランダのメディアアート集団「Born Digital」の一員として、2年間欧州各地のフェスでアーティスト活動を行う。2012年末に帰国後はフリーランスとして活動をスタートし、企業の映像演出などを手がけている。

 

ヒューレットパッカードのPCレビューに伴うインタビュー記事

経歴とかが中心

 
「インタラクティヴ映像」の新時代を切り拓く、24歳のアーティスト « WIRED.jp

 

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細