リネームアプリは必要ない!Mac標準アプリ「Automator」活用でリネーム&リサイズ

2015年2月18日 - Mac

スポンサーリンク

automator-000

 

おはようございます(^_^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

僕のMacBook Proが新しくなりました!

 

そこで作業環境移行を行ったのですが、今まではブログで使う画像の一括リネーム

「shupapan」というアプリを使っていたのですがせっかく環境が新しくなるので

他にもっと使いやすくて便利なものはないかなぁと調べていたところ

 

アプリではなくMac標準アプリ「Automator」で独自のサービスを作ってしまうのが便利だということになりました。

 

「作る」と言っても作業は簡単!!

 

しかも、Automatorを使うとリネームついでにリサイズまでできました!!

これで1手間省けます!!

 

さて、その方法ですが

 

スポンサーリンク

 

Automatorのサービスを作る

 

Automatorを起動し「サービス」をクリックしてください
 
automator-001

 

”サービス”は次の...の右側を「イメージファイル」に変更し

検索対象を「Finder.app」にします。

 

ライブラリーから「ファイルとフォルダ」を選び「Finder項目の名前を変更」と「Finder項目をコピー」

をそれぞれ右側のスペースにドラッグします。
 
automator-002

 

そのまま今度は写真から「イメージのサイズ変更」を選び同じようにドラッグしてください。
 
automator-003

 

それぞれにある「オプション」をクリックし「ワークフローの実行時にこのアクションを表示」にチェックを入れておくと、実行時に調整できるようになります。

 

automator-004

 

これで終わりです。

 

わかりやすい名前で保存してください。

 

 

リネーム&リサイズサービスの使い方

 

使い方は簡単!!

むしろこの使い方をすごく便利に感じたのでこの方法を選択しました

 

 

リネーム&リサイズしたい画像を選択し、右クリックします。

 

僕は「リサイズと連番アクション」という名前で保存したのですが

下の方に表示されていますね。
 
automator-005

 

それを選ぶと先ほど作成したフロー順に実行されます
 
automator-007
 
automator-006 
 
automator-010

 

これだけです。

リサイズ&リネームされたファイルが作成されます。

 

この右クリックで実行できる手間の少なさは嬉しいです。

 

アプリ起動しなくていいし

 

「アプリ起動→リネーム、アプリ起動→リサイズ」の4つのステップが1つになりました。

 

automator-011

 

 

サービスの削除方法

 

サービスを使わなくなったのに、右クリックしたら出てくるのは邪魔ですね。

 

サービスの削除方法は以下です。

 

 

システム環境設定

→ キーボード

→ ショートカット

→ サービス

→ 自分で名付けたサービス名を右クリック

→ Finderに表示
 
automator-008

 

するとFinderが開くので該当のファイルを削除します。
 
automator-009

 

Automatorは色々使い勝手がありそうです。

 

とにかくこの方法は気に入りました!
 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

スポンサーリンク

記事を検索