【作曲する前の楽曲分析】これが本質!「いかにも本人が作りそうな曲」を披露する「作詞作曲ものまね」のマキタスポーツ。

2014年7月28日 - 音楽関連 事例・参考
スポンサーリンク

photo09
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

じつは、先日NHKの

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)「TAKURO×マキタスポーツ」」

を見て知った「マキタスポーツ」

 

これ、再放送ないのかな....

NHKオンデマンドとか...

 

TAKUROの考え方、マキタスポーツの考え方。

お金払っても見る価値あると思いました。

 

スポンサーリンク

 

なんとなく、わかっていたけど改めて言われると...

とか、思わず「なるほど!!」的な内容もありました。

 

トピック的には以下の感じです。

  • ヒット曲はカノン進行
  • J-POP頻出ワード (「ツバサ」「サクラ」「トビラ」「キセキ」)
  • 「ビジュアル系とはビジネスモデルである」

など

 

作曲の勉強をする為の楽曲分析だけじゃなく、

ビジネス的な、マーケティング的な考え方もあり非常に刺激を受けました。

 

そんなマキタスポーツさんは

上記のような内容の「ヒット曲を分析した本」を出版しています。

 

 

そして

その音楽研究家として過去30年間のヒット曲から「ヒット曲の法則」を分析し、その法則に則り制作した、「十年目のプロポーズ」を発売

 

 

 

個人的に刺激を受けた話しだったので

とりあえず、上記の本をポチしました!

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細