[Line@]LINEのO2O向けビジネスアカウントなんてものがあるんだね

2013年1月8日 - SNS
スポンサーリンク


 
こんばんわ(^-^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

巷で人気のSNSサービス「LINE」

O2O向け商用サービス「LINE@」(LINEアット)

 

なんていうものが2012年12月4日から始まってたようで...

 
LINE@|LINEであなたのお店・サービスのアカウントを作りませんか

 

ちょいと調べてみました

スポンサーリンク

国内3000万人以上が利用しているLINEで、お店のクーポンや告知が送れる!ビジネスアカウント「LINE@」はユーザーへメッセージを一斉配信することで、来店につなげることができる、店舗/施設オーナー向けのサービスです。

 

ということですが簡単に何ができるか?というと

 

  • 「プロフィール写真」「ひとこと」の設定
  • 友達追加時の自動返答
  • 友達からメッセージが送られた時の自動返答
  • メッセージの自動予約設定
  • PRページの作成(プレーン)
  • PRページの作成(全員配布クーポンの発行)
  • PRページの作成(抽選クーポンの発行)
  • 管理者のスマホからメッセージ投稿する機能
  • 友だち数の推移などの解析機能
  • LINE@アカウントの友達追加用「QRコード」の発行
  • LINE@アカウントの友達追加用「友達だち追加ボタン」の発行

 

という感じで、これが

初期費用5,250円、月額費用5,250円で可能だというサービス

(開始月を含む3か月は無料)

 

さて、これをどう見るか?

 

「国内3000万人以上が利用」ではありリーチ=3000万人

とも受け取れるが

友達数上限10,000人」なのでアクティブ=10000人

と考えると「リーチ=10000人」では??

 

一応

それ以上友だち数を増やしたい場合は、別料金プラン(メッセージ配信の通数単価5円)をご用意しております。

だそうです。

 

あと、これはサービスの問題ではないのだけど

友達を増やすのはあくまでも「店舗のちから」

ということになる

 

そういう意味では

元々HPのPVがきちんと確保できている

お店は利用メリットがある

 

新規の獲得用途にはあまり向いてない

 

実店舗にありがちなホームページをまだきちんと運営できてない状態で

SNSに飛びつくと「作っただけ」になってします。

 

先ず、ベースをしっかりする

次にインプレッションを確保する

話しはそれからだ!!

 

今の僕の「LINE@」見方は

  • 既存ファンへの利便性の提供
  • 休眠顧客に対する再アプローチの手段

 

だと考えている

そういう意味でローソンなどは効果的であっただろう

LINE上でクーポンを配信し、モバイルメルマガの倍以上のクーポン使用率を記録。

 

より良い活用方法を考え、提案すること

が僕の立場では必要なことだろうけど、今はそう思う。

 

ただ、今の日本で最も話題のSNS。

今後の展開は非常に興味がある!!

 

 

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細