日ハム栗山監督が14勝投手「吉川光夫」にかけた魔法の言葉!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは(^-^)/

この栗山監督の言葉をどうしても書きたかったナカジ(@cp_nakajun)です。

それは、私が理想とする「マネージメントの1つの形」だと思うからです。

今シーズンの開幕前から「栗山監督」に注目していました。

それは、「解説者」としてはなじみがありましたが

「選手」としては大きな実績のない監督がどのような野球をするか

注目していました。

馬鹿にしていた訳ではありません!むしろ逆で

すごく期待していました!

サッカーの監督で言うと「モウリーニョ」も選手としての大きな実績はありません。

なにか、起こるんじゃないか!?

その栗山監督がシーズン前からメディアで名前を出していたのが

「吉川光夫」という投手

正直、知らない投手でした。

2006年の高校生ドラフト1巡目の選手ながらも

ここ3年間、勝ち星「0」の選手です。

その投手が今年急にチームトップの「14勝」を挙げます!!(2012/10/3時点)

監督はこの投手に開幕前から注目し、そして結果「花が開いた」訳です。

さて、栗山監督は何をしたのでしょうか。

「今年、結果を出せなければユニフォームを脱がす。だから、フォアボールを気にせずにお前のボールをしっかり投げろ」

「マウンドで自分の納得する投球をしてこい。でなければ俺も納得しない」

この言葉のをかけました。

吉川投手の問題は「制球難」。ファーボールの多さです。

吉川投手はこの言葉をこう振り返ってます。

「去年までは、『打たれたくない!』という思いから際どいコースを狙って投げていた。それで、フォアボールを与えていた。
今年は、厳しい球じゃなくてもストライクゾーンに自分の納得のいく球を投げればいい」
追い込まれた状況でも、心に余裕ができたことが結果につながっていました。

これだけのことですが

スポンサーリンク

この魔法でチームトップの14勝投手に変えたのです。

埋もれていた、吉川投手の力を引き出した!

これは間違いなく栗山監督の功績です!

私はもしかしたら栗山監督に「モウリーニョ」に似た資質があるかもと予感します。

それは、リーグ優勝を決めたあとの選手のコメントが必ず

「監督のおかげ」

だったからです。

モウリーニョもメディアに対しては威圧的ですが、選手からの信頼は非常に厚い監督です。

この後のCS、日本シリーズ、そして来期も注目してます。

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク