ネット規制のある中国へ出張する前に準備した3つのこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク


CCA B777-2J6 (B-2063) @ NRT/RJAA / Hyougushi

こんにちは

今日から出張ですが、初めて上海に行くナカジ(@cp_nakajun)です。

この記事が公開される頃には上海にいる予定です。

今回「仕事」として行く訳ですが

特に現地で「作業」をする予定はないのでPCは持っていかずに

iPhoneとAndroid tabletだけで乗り切ろうと思ってます!

いかに、モバイル端末を活用するか!

です。

特に「ネット規制の厳しい国」として知られている中国ですので

色々と試してくる絶好の機会だと思ってます。

そこで、出国前に準備したことをまとめておきたいと思います。

準備した事は3つ

  1. 現地でのインフラの確保
  2. 日本と同じ接続手段の確保
  3. モバイル端末の設定

1.現地でのインフラ確保

宿泊するホテルにもネットインフラがありますが、設定の手間や現地の出先での行動を考えて

海外用レンタルWiFiルーターを確保しました。


400Mの制限に気をつけろ!海外用レンタルWiFiルーターに申し込んだ!

通信上限があるようなので、この辺りは注意。

実際、「普通に使ってどうなるのか」はとても興味あることです。

2.日本と同じ接続手段の確保

中国は「ネット規制の厳しい」国として知られています。

それを体験してみる、という気持ちもありますが

日本人としては普段利用しているサービスを使えないというのは不便かなと

別に中国に対して悪意がある訳でもないので

「豪に入れば郷に従え」でないことも試してみたいなと


中国からtwitterやGmailを見る為に「VPNサービス」に申し込んでみた[インターリンク マイIP]




この方法は「中国に限らず」

大手の企業のように「社内システム」のように

セキュリティー上「日本のIP」からのみログイン可能になってるようなものに

アクセスする必要がある従業員の方にも利用できるかと思います。

もちろん、その場合は社内のシステム部署と調整が必要ですが。

3.モバイル端末の設定

iPhoneやアンドロイドタブレットの設定が必要です。

1つは海外パケット通信による「パケ死」に陥らない為

もう一つは海外用WiFiの「通信上限」に引っかからない為


海外に出かける時にチェックしておくべきiPhoneの設定3つ+1 | サラリーマンだって不安定な職業だからね


クラウド時代にiPhoneを海外へ持っていく際に注意すべき「iCloud」の設定/iOS5 | サラリーマンだって不安定な職業だからね

もちろん、前出のVPNの設定も必要です。


では、行ってまいります(^ ^)/

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク