kindleやkoboで盛り上がりそうな電子書籍端末 市場!ここで「iPad」の立ち位置を振り返る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おはようございます。

ガジェット好きのナカジです。

ここのところ「電子書籍端末」が気になる熱い話題です。

スポンサーリンク

そこで「原点」というか「iPad」の立ち位置を振り返りたいと思います。

iPad発表時のマイナビニュースを読んでいくと

Appleは1991年にPowerBookでモバイル市場に参入し、2007年にiPhoneを投入した。ノートパソコンとスマートフォンは、今や一般コンシューマに広く深く浸透している。「だが、それらだけで十分と言えるのか?」とJobs氏。

2つのモバイル製品の間にはすき間があるものの、そこに「第3のカテゴリ」を根付かせるのは容易ではない。Webブラウジング、Eメール、写真/ビデオ、音 楽、ゲーム、電子書籍など、モバイルにおけるデバイス利用においてノートPCとスマートフォンを超えるメリットがなければ、コンシューマは関心を示さない とJobs氏は指摘した。一昨年からNetbookが急成長してきたが、「(Netbookは)なに1つ上回っていない。安売りのPCに過ぎない」とキツ い一言。スマートフォン・ユーザー、そしてノートパソコン・ユーザーであっても、使ってみたくなる新たなカテゴリのモバイルデバイス……それが 「iPad」であるという。

スマートフォン・ユーザー、そしてノートパソコン・ユーザーであっても、使ってみたくなる新たなカテゴリのモバイルデバイス……それが 「iPad」であるという。

これこれ

こういう「リラックスしたシチュエーション」で使うモバイルデバイス

WEB、音楽、読書、ゲーム、映画・映像、仕事etc

1アイテム・マルチユース

これがiPadの考え方

iPadが提供するのは

シチュエーションに適したプラットフォームデバイス

です。

なので「電子書籍端末」というより

「読書もできるよ!もちろん快適にね!コンテンツはiTuneStoreでも提供してるし、アマゾンが良ければアプリをダウンロードしてよ」

「読書だけならKindleなんかの専用端末もいいけど、君は他にももっとやりたい事があるだろう??」

iPadを持ち歩けば、普段は十分さ!!もちろん集中したいときや大きいことをやる時はMacを使ってくれればOKだし、少し出かけるぐらいならiPhoneでOKだよ

みたいなw

【 関 連 記 事 】
kindleやkoboで盛り上がりそうな電子書籍端末 市場!ここで「iPad」の立ち位置を振り返る | サラリーマンだって不安定な職業だからね

[Kindle for iPad] 電子書籍戦争はアマゾン圧勝じゃね!? | サラリーマンだって不安定な職業だからね

楽天電子ブックリーダーkobo < Amazon「キンドル」というよりそもそも考え方が違う | サラリーマンだって不安定な職業だからね

アマゾンの電子書籍端末「キンドル」って「iPad」と何が違う?? | サラリーマンだって不安定な職業だからね

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク