【結論】スマホのプランは最低限にしてWiMAXを併用するプランがベスト!

スポンサーリンク

au_iphone

 

おはようございます(^_^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

 

音楽制作を0から再出発しようと考え

Youtubeを中心に色々なアーティストの映像を探し、それを教材に学んでいこう

とした矢先に起こったトラブル。

 

「通信速度制限」!!

 

これをきっかけに色々考えてしまいました。

 

正直、この通信速度制限の制度は不満です。

 

スポンサーリンク

 

確かに普段よりはYoutubeを見ました。

でもね、例えばこの日本通信のページで説明されている「1Gで使える」内容ほど使った記憶がない。

 

そもそも、僕のiPhoneは5Gプランのハズだ!

 

今のところ疑わしいのはYoutubeの中でも「画質の良いコンテンツを見た」からだと考えているが

それにしてもアッいうまに制限がかかる。

 

そして通信速度制限というものを初めて体験したのだけど

正直、むごい...

 

メール、SNSは確かに問題ない感じだが

WEBの閲覧が結構きびしい

 

通信速度の向上に伴ってWEBの作りもかわってきてるのだろう

もはや192kbpsぐらいだとYahooがギリギリに感じた。

 

 

制限を設けないとスマホで常時接続してサーバー運用するような人も出てきたりと

(サーバーは海鮮速度的に厳しいね)

キャリアとしては帯域確保のニーズや設備投資の費用などの理由もあるだろうが

 

今回の利用の仕方程度で制限がかかるのはちょっとサービスとして疑問がある

スマートフォンが持つ機能をほとんど使えずの通信量に対して高い通信費を払ってる感覚になる

 

これは多分テザリングにしてもしかりだろう。

1日外で仕事したら多分制限かかる。

 

つかいものにならない。

 

要するにキャリアからすると

スマホとモバイルルーターは緊急時や外出時のちょっとした作業用ということだ。

 

ってことであれば高すぎるだろ!!

 

推察だけど、これがキャリアから見た盲点。

つまり、ユーザーは「制限があるから本当に必要な時しか使わない」

その時の為に普段はとってあるのだ

その安心のために高いお金を毎月払っている

 

今、通信制限がないのはWiMaxだけだと認識しているのだが

確かに、WiMaxは時間帯によってはスピードが著しく遅いときがある。

 

これはアクセスが集中しているからだと考えるが、通信量に制限なく使える。

 

キャリアの考え方は恐らく「速度を遅くする」という調整をすると

ユーザーの不満度が高まるとも考えているのだろう

 

確かにそうかも知れない。

 

ただ、192kbpsまで落とす速度制限は意味がなさ過ぎる。

 

このやり方をされるなら

192kbpsの格安SIMとWiMaxを持つ方がコスト的にも精神的にもストレスがない

 

僕はそう考えた。

 

普段のWEB利用を考え、金銭的に投資が可能なら

1GぐらいのSIMがより良いと思う。

 

みなさんはどのように考えますか?

スポンサーリンク

サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細