そういう訳でCASIOはG-shockのようなスマートフォンケースを出すべきかと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

maintop

おはようございます(^_^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

先日、AUの2014年夏モデルの新製品発表があったようで

その中に

米国国防総省が制定した軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠したスマートフォン

京セラから発売されると発表がありました。

torque

G-shock携帯の後継ですかね。

CASIOは残念ながら撤退してしまいましたからね。

僕はG-shockのコレクターではないけどファンであり

G-shock携帯・スマホが発売される度に欲しくなってました。

IS11CA

でも、欲しくはなるけど、G-shock携帯は買ったことはありません。

なんでだろう??

G-shockというブランドの無い端末が発表になってようやく気がつきました。

高耐久性はケースで補えば十分じゃね?

耐久性の高いスマートフォンのニーズは一定以上の水準でかなりあると思います。

ただ、必要な耐久性の度合いはかなり多様です。

例えば、下記のようなケースをイメージすると違いがわかり易いと思います。

  • アウトドアユーザー
  • 工事現場など屋外で働く職人さん
  • 軍人

そしてそれぞれケースでさえも必要な機能も違います。

  • 防水
  • 対衝撃
  • 防塵
  • 耐熱

で、これらは外側の機能。ケースでなんとかなる!!

本来道具として必要なのは中身。

iOSやAndroidなどのOSの違いから画面サイズの違い。

使い易いスマホをケースで守れば良いのではなかろうか?

わざわざ、スマホを作る必要はないのではなかろうか?

そういう意味ではCASIOの撤退はうなずける。

そこで、CASIOに提案、というか期待。

特にG-Shockのファンとしては

下記のような製品を作ってみてはどうだろうか?

もちろんG-Shockブランドとクオリティーで

pelican_vault-ce1180

pelican

ペリカンブランドならって安心感はあると思います。

G-Shockブランドで発売したら売れると思うけどなぁ

スポンサーリンク
PROFILE
ブログ著者

運営者:ナカジ
クリエイティブをプラスする = 工夫して楽しむ
音楽、コンピューター、スポーツとマンガを愛する自由人。
モノをあまり所有せずシンプルに旅人・スナフキンのような生き方を大切にしてます。
>>プロフィール詳細
スポンサーリンク