市場価値「0」でも生涯の相棒、友情の結晶ストラトキャスター

2012年6月22日 - 音楽機材

スポンサーリンク

約10年前、ギターを持ってバンド活動に打ち込んでたナカジです。

それ以来、バンド活動はもとより、彼(ギター)を弾いてあげることがほとんどない状態ですが

最近、また「熱」があがってきたので彼(ギター)について書きたいと思います。

スポンサーリンク

写真が「相棒」であるストラトキャスターです。

一応、ネックには「Fender」と書いてありますが本物かどうかも不明。

どこの馬の骨ともわかりませんw

でも、わたしにとっては

かけがえのない「大切なギター」

です。

彼(ギター)との出会い

バンド時代、今も所有しているもう1本の相棒である

レスポール スペシャルを誤って倒してしまい「ネックを折って」しまいました。

そのときにボーカルが

「修理するなり新しいのを買うまで貸すよ、ボロボロのもらい物だけど」

と言って、借りたのが最初でした。

その時の彼は本当にボロボロで

ジャックやらボリュームやらが錆びてるし、ピックアップもなんか変なのがついてる

「よく音がでるなぁ」というくらいの状態で正直あまり音もよくない状態でした。

ところが、変な話になりますが

このギターから「俺を弾いてくれ」ってオーラを感じてしかたがない

運命的な出会いでした。

すぐボーカルに「譲ってほしい」と話したところ、快く「そんなボロでいいの?」といいながらプレゼントしてもらいました。

しかし、そのままの状態ではあまりにかわいそうなので

これまたバンド活動で知り合った楽器屋さんに相談したところ

「任せて!ナカジの好みは知ってるし、ちょうど中古でお勧めのピックアップがあるからそれでどう?」

なんて温かい言葉なんでしょう!!結局

  • ピックアップ交換
  • 電気回路系のリニューアル
  • 基礎メンテと調整

を、破格の「工賃なし、パーツ代」のみでやってもらっちゃいました。

仕上がりはねぇ。もう、「好みの音」を知ってくれてるだけあって

バッチリ!!

すばらしいでしたよ!

まぁ、当然「音」にこだわるのがギタリストですが

たとえ「最高」ではなかったとしても

この「魂」を受けとるのもギタリストの仕事でしょう!

私にとって、このギターは

  • ギター自身
  • ボーカル
  • 楽器屋

との友情の結晶な訳です。

きっと私にしか感じられないのでしょうが

今見ても「私に対するオーラ」を感じます。

弾いてあげたいから「再起」しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

スポンサーリンク

記事を検索