【PureData Patch】アルゴリズム作曲的にフレーズを生成するRandamの確率を制御する方法!

2015年4月29日 - puredata

スポンサーリンク

Randam_GEN
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

作りたい音楽がようやっと見つかった感触を得て

コツコツとPureDataでパッチを作ってます。

 

その方向性として、音階(フレーズ)や音色を自動生成する要素を含みたいと考えているのですが、ただ「適当」というのでは「作曲」になりません。

 

そこでPureDataの「Randam」オブジェクトに「確率」的な要素を加えて

一定の制御をすることを考えました。

 

スポンサーリンク

 

expr オブジェクトで切り分ける

 
Randam_GEN_2
 
今回は上記画像のように

「expr」オブジェクトを使いif文で切り分けてみました。

 

「for note」とか「for octarve」と書いているのは

今作っているステップシーケンサーへの実装するつもりで作成したからです。

 

まぁ、音を鳴らすのはこれからなので

実際このパラメーターが良いのか、そもそもこの考え方が良いのかは未知ですが

 

参考になればと思い、ダウンロードも用意しましたのでよろしければどうぞ。

 
Randam_GEN.pd.zip
 

何か、他の方法などあれば教えて頂けたら嬉しいです!

 

 

スポンサーリンク


サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細

スポンサーリンク

記事を検索