【PureData Patch】ADSR エンベロープ パーツを作成!

2015年4月1日 - puredata
スポンサーリンク

puredata_adsr
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

シンセサイザーに必ずと言っていいほどある「ADSR エンベロープ」

 

PureDataで音楽を作る際に「音色」の部分、シンセもPureDataで作るなら

必要だろうということで作りました。

 

特に最近はMobMuPlatというiOS上でPureDataを動かせるアプリを知ったので

PureData熱が上がってます。

 

MobMuPlatを想定するなら開発はPD vanillaで作る必要があるので

vanillaで作りました。

 

確かにextendedは色々便利なパーツがあらかじめ使えるので便利ですが

こういうパーツ系はvanilla環境で作っておくと色々便利なように感じてきました。

 

ほら、後々raspberry Piとかで遊んでみたいし

そういう時の移植に便利だろうから

 

ということで
 

スポンサーリンク

 

ADSR Envelope パッチ

 

puredata_adsr_01

 

とは言え、わざわざブログに書きながら中身はいたってシンプルです。

 
個人的にちょっとわかりにくかったのが「vline~」のパラメータで

上記パッチの[1 $2, $4 $3 $2]の部分の引数を解説すると

おそらく

[1まで$2m/sで変化, $4まで$3m/sで変化 動作開始から$2m/s後に]

という感じだろうか

 

わかってしまうと面白い!

 

一応、ダウンロードできます。よかったらどうぞ

 
adsr.pd.zip
 

 

スポンサーリンク

サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細