【PureData Patch】ADSR エンベロープ パーツを作成!

投稿日:2015-04-01

puredata_adsr
 
おはようございます^ – ^

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

シンセサイザーに必ずと言っていいほどある「ADSR エンベロープ」

 

PureDataで音楽を作る際に「音色」の部分、シンセもPureDataで作るなら

必要だろうということで作りました。

 

特に最近はMobMuPlatというiOS上でPureDataを動かせるアプリを知ったので

PureData熱が上がってます。

 

MobMuPlatを想定するなら開発はPD vanillaで作る必要があるので

vanillaで作りました。

 

確かにextendedは色々便利なパーツがあらかじめ使えるので便利ですが

こういうパーツ系はvanilla環境で作っておくと色々便利なように感じてきました。

 

ほら、後々raspberry Piとかで遊んでみたいし

そういう時の移植に便利だろうから

 

ということで
 

スポンサーリンク

 

ADSR Envelope パッチ

 

puredata_adsr_01

 

とは言え、わざわざブログに書きながら中身はいたってシンプルです。

 
個人的にちょっとわかりにくかったのが「vline~」のパラメータで

上記パッチの[1 $2, $4 $3 $2]の部分の引数を解説すると

おそらく

[1まで$2m/sで変化, $4まで$3m/sで変化 動作開始から$2m/s後に]

という感じだろうか

 

わかってしまうと面白い!

 

一応、ダウンロードできます。よかったらどうぞ

 
【GitHub】adsr.pd
 

 

スポンサーリンク


PureDataの貴重な書籍



おすすめのクリエイティブ・コーディング関連カテゴリー

クリエイティブコーディング系 講座


ウェブツール

機能はシンプルなものですが、p5.jsやTone.jsで描画したり音が出たりするので遊んでみてください。
・【Midi Number Tools】:MIDIナンバーから音名と周波数を判定します
・【Delay Time Calculator】:テンポに応じた音符の長さを判定します


筆者プライベートで本気の愛用品

Creative Plus

遊んで・学んで・試してみてクリエイティブをプラスする「デジタルアート系ブログメディア」