ウクレレの「奥深さ」と「魅力」が一目瞭然な「神様ハーブ・オオタ」の演奏

2014年10月17日 - ウクレレ
スポンサーリンク

OHTA-SAN
 
おはようございます(^_^)/

ナカジ(@cp_nakajun)です。

 

僕がウクレレにハマっている理由はたくさんありますが

その内の1つがこの映像。

 

ウクレレの神様ことハーブ・オオタのプレイです!

 

OHTA-SAN(オータサン)の愛称で知られ、「ウクレレの神様」の異名を持つ。
 
幼少時からエディ・カマエの影響を受けて猛練習を重ね、OHTA-SAN STYLE と呼ばれる独自のウクレレ奏法を確立する。15歳でプロデビュー。ハワイアン音楽だけにとどまらず、ジャズ、ラテン、クラシック、ポップス、ロックなどあらゆる種類の音楽をウクレレ一本で演奏するというスタイルは、多くのミュージシャンに影響を与え、ソロ楽器としてのウクレレの可能性を大きく広げた。(wiki)

 

下記映像の「0:43〜2:02」を先ずは見て下さい。

 

 

様々なジャンルのスタイルの例を弾いてくれてます。

どれもサンプル的に弾いているのにカッコいい!!

 

ウクレレって上手くなるとここまで出来るんだ!こんなに自由なんだ!

ってメチャクチャ思いました。
 

スポンサーリンク

あと個人的にはソプラノサイズ(スタンダードサイズ)であることにも憧れます。

 

その他にもハーブ・オオタの演奏で気に入ってるYoutubeも貼っておきます。

 

▼親子競演

 

 

 

 

また、いいの見つけたら紹介しますね。

 

 

 

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細