【WEB担当 一年生講座】アルファベットで省略されている用語を簡単に覚えるコツ

2016年1月12日 - WEB担当 一年生講座
スポンサーリンク

20160111-web-alphabet-learn_02

今日の講座は
SEO、SEM、PPC、CPAなどWEB業界でも頻繁にアルファベットで省略されている用語があります。

この用語がわかってないとこの業界で仕事をする上で「話しができません」

でも、同じように3つないしは2つのアルファベットなのでややこしい
しかも、用語の意味も同時にちゃんとわかってる必要があります。

覚えにくい….

大丈夫です。

オススメの方法があります。

この方法で覚えれば、用語も意味も同時に覚えることができますし
他の業界の用語も同じ方法で覚えることができます。

スポンサーリンク


【WEB担当の先輩から初めて担当になった君に伝えること】

【WEB担当 一年生講座】と題して本記事は主にWEBを軸とした
「広告」と「マーケティング」関連の知識・概要把握
を可能な限り早く・シンプルに習得するためのコンテンツです。

自己学習の必要はあれど、その前段の基礎がないと「はじめの一歩」が踏み出せません。
とにかく、可能な限り早く業務に携われるようになるための「基礎」を勉強の前に勉強する必要があります。

※対象

  • 初めてWEB関連業務に携わる人(新卒、中途入社の方)
  • WEB業界未経験者の教育担当者
  • WEBをざっくり理解しておきたいマネージメント層

アルファベット省略用語は英語で覚える

アルファベットで省略されている用語を簡単に覚えるコツは簡単です。
英語に直して覚えます

どういうことか?
アルファベットで「省略」されているってことは元は「英語の単語」です。
その頭文字なので、それを英単語にもどし、その単語ごと覚えてしまうことで
「用語」も「意味」も同時に覚えることができます。

試しにSEOで覚えてみる

とてもメジャーな用語「SEO」で試してみましょう

SEOってなんですか?と聞くと一般人は
Googleの検索したときに1ページ目の上の方に表示させる対策
と、答えるかと思います。

これは「SEOの結果」であって正しく理解できてるとは言えません。

この認識だと「楽天内SEO」とかって言われた時に意味がおかしくなります。
(楽天内でGoogleの検索した時に….?????)

SEOの日本語約は「検索エンジン最適化」です。

「検索の仕組みに合わせて最適にする」という行為が正しい理解です。

これを「SEO = 検索エンジン最適化」と、この形で覚えようとするから覚えられません。

そこで「英語」になおします。

「SEO = Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化」

こう覚えましょう。

  • Search:検索
  • Engine:エンジン
  • Optimization:最適化

そうすると、おそらく新たに覚えなきゃいけないのは「Optimization:最適化」だけ
っていう人がほとんどではないでしょうか?

でもこの方法でSEOを覚えた後で

LPOってなんですか?と聞かれたら

「LP Optimization」で「LPの最適化」ともともと知らなかったとしても想像できるでしょう。
(LPO = Landing Page Optimization)

また、SEMってなんですか?と聞かれたら

「Search Engine M」となり「検索エンジンのなにか」と想像できるようになります。
あとはこの「M」が「Marketing」だということを覚えればいいだけです。

こうやって覚えていくことで「最低限の労力」で覚えることができますし
新しい用語がでてきてもこれまでの知識を応用することができるので
どんどん覚えていくことができます。

また、同時に用語の意味を覚えられるのでちゃんと使えるようになります。

ぜひこの方法で覚えることをオススメします。

もっと勉強したい人へオススメの本

今日の内容をもっと知りたい方へのオススメの本を掲載します。

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細