[SugarSync]クラウドiPod

2010年11月16日 - テクノロジー
スポンサーリンク

「俺も同じこと考えてたんだ」ってよくあるかっこ悪い台詞の代表。
まさに「それ」です。

iPodが欲しくても私の置かれた立場で買うにはかなりの決意が必要だった2005年頃

企画を提出する機会があり考えたことがタイトルの「クラウドiPod」。

文字通り、サーバーに自分のmp3ライブラリを置いて手元にある携帯電話を端末にしてストリーミングで音楽を聴けないかな

と、思っただけのことですが

当時は「ログイン後に広告が必ず表示される」とか「1人あたり1GBのスペースで…」とか自分なりに真面目に考え、データーセンターに電話までして試算したりしました。

周りの人にも話しましたが
・無料が基本のネットビジネスでどうやって利益を得るんだ
・その費用を広告費でまかなえるの?その営業どうするの?
・携帯電話の帯域でストリーミングは無理だ

など、いろいろなアドバイスを真剣にいただきまして、いい経験と勉強をさせて頂いた記憶があります。

あれから5年、「ネットiPod」は世の中に存在してます。

しかも、私の思い描いていたものを遥かに超える利便性と機能を備えて

☆[SugarSync]を「クラウドiPod」として使う!!

SugarSyncを紹介している多くは「仕事に役立つファイル同期」や「クラウドを活用したノマドワーク」ですが

SugarSync(Webインターフェース)には音楽を再生する機能があるので「クラウドiPod」として使える訳です。

しかも、今なら無料で5GBなので2005年当時で言えばiPod mini5Gのクラウド版が無料ということになる訳です。

もう、かっこ悪いことを忘れてしまいます。

「携帯電話でm.sugarsync.comにアクセスすれば、すべてのファイルにアクセスできます。」

完璧です。

スポンサーリンク



サイト運営者

運営者:ナカジ
電子音楽家・クリエイティブコーダー・ブロガー

>>運営者プロフィール&当サイトの詳細